真っ暗な脳に白ポチがヒトツ



「無題」



 世田谷区の住民が一人残らず眠っている数秒間が 二十年に一度ある。

 世田谷区で 起きている人は一人もいない。

 人も通らない。

 道路には 車が一台もいない。

 その薄暗い道を、

 人っ子一人通らぬ夜の道を、

 靴音高く 走り抜ける男がいた。

 笑い声を高らかに上げながら。

 彼は この二十年間 このわずか数秒を じっと待ち続けていたのだ。

 男が消えた。

 誰かが 目を覚ましたのだ。


                    (朝倉泉・中学三年のノートより)
. . . . . . .